都市銀行で口座を作る

あなたが銀行に求めるものは

会社に依存してきたサラリーマン人生は最近は変わってきました。誰もが起業、あるいは複線型キャリアを視野に入れた生活設計を組み立て始めています。もし起業できればサラリーマンから経営者へと立場が変わり、すべてを自分の差配で決めていくことになります。
会社のおカネの流れを管理するには法人の銀行口座が必要になります。クライアントの信用を得るためにも、だれもがその名を知っているメガバンク・都市銀行に口座を開設できれば、起業の第一歩としては大成功でしょう。
ではなにを基準に銀行・金融機関を選べはいいのでしょうか。いまはインターネット経由でおカネを動かすのが普通になり、利便性とネームバリューが大事かもしれません。しかし、いずれ事業が拡大したときに融資を受けたい、地元の企業や商店への食い込みを図りたい、という場合には地元金融機関との付き合いが必須です。何が何でも都市銀行、とはならない場合もあります。

銀行はあなた自身とあなたの事業の中身を確認する

昔は極端に言えば名刺一枚あれば、銀行はその場で法人の普通預金口座を開設してくれました。しかしいまは犯罪収益移転防止法を始めとして、金融ネットワークへの国際的な規制が強まっています。法人の履歴事項全部証明書、印鑑証明書、代表者自身の本人確認資料など、揃えるべき書類はたくさんあります。
しかし、形式要件だけではメガバンクなどは口座開設に応じてくれません。融資や手形発行などがなくても、あなた自身がどんな人かについてちゃんと理解してもらえないと、口座を開いてくれないことがあります。株式会社組織ならだれが株主かが問われることもあります。もちろん事業の中身もそうです。その銀行支店の目の前で長年営業していたパン屋さんが法人化するなら、銀行は即座に口座開設に応じるでしょう。この場合はだれが何をしているか、よく知っているからです。
自分は何者か、これから何をするのか、ちゃんと説明できるようにしておきましょう。